• 男性の薄毛のほとんどはAGAです

    日本の成人男性の薄毛のほとんどはAGA・男性型脱毛症が原因です。


    遺伝や男性ホルモンが影響して額の生え際や頭頂部部分が薄毛になっているのです。



    M字ハゲやO型ハゲと呼ばれるものです。
    早いと10代には症状が現れてきます。

    ガジェット通信の最新情報をご提供します。

    進行していくとすべての毛が薄毛になってしまいます。


    その前に早期発見し、早期治療を行なうことで育毛に導いていきましょう。AGA専門のクリニックは各地にさまざまあり、それぞれの症状に合った治療法が行なわれています。ヘアサイクルが乱れてしまい、成長期が短縮してしまっていることで薄毛になっています。

    早期成長期の段階にある短くてやわらかい髪の毛が抜けるようになっているため、健康的なヘアサイクルに戻してやることができれば中期成長期・後期成長期まで成長を続け、長くてかたい髪の毛が増えていくでしょう。
    自己流の改善法もいいですが、まちがった対処をすると効果がないばかりか頭皮のかゆみや抜け毛・頭痛など他の症状が出てこないとも限りません。

    薄毛に関する情報をまとめました。

    きちんと治したいのであれば医師の指導の元、正しい処方に基づいた薬を使い、用法用量を守って利用するのがよいでしょう。食事内容や生活習慣の乱れも原因となっていることがあるため、食生活の見直しを行なうこともまた、薄毛対策法として大切なことです。男性は後頭部や生え際から抜けていきますが、女性の場合は女性ホルモンが影響して髪の毛が抜けるのではなく全体的に髪の毛が細くなっていきます。